どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて

サイト内検索

風力発電とは

再生可能エネルギーが注目されていますが、地球温暖化の原因となる二酸化炭素を排出することなく、化石燃料も使用せず、そして放射性廃棄物を出すこともないクリーンなエネルギーにはいくつかのものが実用化されています。
一般家庭でも導入可能なものとしては太陽光発電が非常に注目されており、導入する家庭の数も年々増えているようです。
余剰電力の買取価格が引き上げられたことによって、更に普及が加速していますね。
さて、再生可能エネルギーは太陽光発電だけではなく、水力、波力、風力、地熱、バイオマスなど様々なものがあります。
中でも風力発電は、大きなプロペラが付いた巨大な風車が風の力によって回ることによって電力を作る発電システムです。
海沿いの小高い山の上などに巨大な風車がいくつも設置されている風景は非常に見ごたえのある魅力的なものです。
現に風車の設置によって町おこしをしているといった地域もあるようです。
風力発電のメリットとしては、その他の再生可能エネルギー同様に二酸化炭素の排出が無いという点でしょう。
また、化石燃料を一切使用しませんし、原子力発電のように放射性廃棄物を出すこともありません。
太陽光発電は太陽の出ている昼間しか発電することはできませんが、風力発電は24時間発電することが可能です。
発電コストという点で見ても、風力発電は意外と低コストで設置可能なため、事業としてスタートさせる上でハードルが低いと言えるでしょう。
しかし、風の力と言うのは常に一定ではないため、出力電圧が一定に保つことが難しいというデメリットもあります。
また、風車の羽に野鳥が激突して死亡してしまうという事故も非常に多いようです。
遠くから眺めている分には魅力的な風車ですが、近くにいると風車の回転する騒音がうるさかったり、低周波による人体への影響が指摘されたりしています。
ヨーロッパのデンマークなどでは国全体の電力の内2割を風力発電でまかなっているようですが、日本の場合にはまだまだ発電に占める割合は低い状況です。
上記にあげたようなデメリットをどのように克服していくかと言う点や、固定価格による買取制度の拡充など、様々な施策を講じることによって、より普及が促進されることになるでしょう。
脱原発、卒原発などといった言葉が躍っていますが、まだまだ再生可能エネルギーだけでは安定した電力供給ができないというのもまた現実のようです。
新産業の創出といった経済戦略の中で、再生可能エネルギーは有力な市場とも言われていますが、一般家庭にとってはまだまだ縁遠い話しかもしれませんね。
それでも、太陽光発電に関しては一般家庭でも急速に普及しているようです。

Copyright (C)2017 どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて All Rights Reserved.