どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて

サイト内検索

売電収入を向上させるポイント

昼間使う電気は全て太陽光発電でまかなうことが可能であり、余った電気は電力会社が買い取ってくれるというのが太陽光発電の大きな魅力と言えるでしょう。
昼間は共稼ぎで誰も家にいないのだから、太陽光発電を設置しても意味がないのではないかと思っている方も多いでしょう。
しかし、上記のように発電した電力を「電力会社に売る」というのが太陽光発電の大きなメリットなのです。
共稼ぎで昼間使用する電力が少ないのですから、逆に電力会社に売ることができる電力が多いということなのです。
つまり、誰もいない家で太陽光発電がしっかり稼いでくれているというわけです。
共稼ぎプラスワン稼ぎといった感じですよね。
現在は買取制度の売電価格が非常に引き上げられたため、太陽光発電を設置することによってかなりの売電収入を得ることも可能となりました。
もちろん、それを事業として成り立たせようと考えればメガソーラー発電のように広大な敷地に膨大な太陽光発電パネルを設置しなければならないでしょうが、一般家庭で家計の足しにするという程度であれば十分可能と言えるでしょう。
売電収入を高めるポイントとしては、やはり太陽光発電パネルの設置数を少しでも多くするということになります。
発電量はパネルの設置数に比例しますので、沢山のパネルを設置するほど発電量が多くなり、その分売電収入を向上させることができます。
しかし、一般家庭であればパネルの設置数には限界があるというのが現実です。
そこで注目したいのは、「変換効率」というものです。
要するに、同じだけの太陽光を浴びた時に、どれだけ多くの電力を生み出すことが可能かという性能の違いについてです。
太陽光発電というのは、太陽の光、エネルギーを電力に変換するシステムのことですので、この変換効率が高いほど発電量が増えるのです。
発電量が多くなればそれだけ売電収入も向上しますので、この変換効率というのは非常に重要なポイントとなります。
太陽光発電の変換効率はパネルに使用されている素材によって違いがあるようです。
近年は太陽光発電パネルの技術も格段に進歩し、一昔前と比較すると変換効率も非常に高くなっています。
しかし、変換効率が高いものはそれなりに価格も高くなりますので、費用対効果を見極めるということも大切になりますね。
売電収入を高めるポイントとしては、昼間の使用電力を少しでも節約するということも必要です。
家に誰もいなくても、電気使用量がゼロになるということはありません。
つまり、テレビやパソコンなど使用しない電化製品はコンセントから抜くといったことや主電源を切るといった小さな節約をすることによって、売電量を増やすことができるのです。

Copyright (C)2017 どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて All Rights Reserved.