どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて

サイト内検索

ソーラー発電の素朴な疑問あれこれ

エコ、節電などが注目されている中、太陽光発電に興味を持ち、設置を考えているという方も多いのではないでしょうか。
太陽光発電について、何となくのイメージはあるものの、いざ導入を検討してみようとすると色々な疑問や不安が出てくるのは当然のことでしょう。
例えば、新築するのではなく今住んでいる家に太陽光発電システムを設置することは可能なのでしょうか。
これは、ほとんどの場合は可能と言えますが、屋根の形状などによっては設置が難しいというケースもあるでしょう。
また、太陽光発電パネルはそれなりの重量となりますので、現在の屋根や柱などの強度がパネル設置に耐えられるかどうかという点も重要になります。
仮に補強しなければ設置できないということになると、太陽光発電システムの費用だけではなく、家の補強工事費用もかかってしまうことになってしまいます。
不動産経営をしている方の場合であれば、アパートやマンションへの設置が可能かどうかと考える方もいるでしょう。
アパートやマンションの場合、当然一般家庭と比べて屋根が広いので太陽光発電パネルも沢山設置でき、比較的大きなシステムを設置可能です。
システムが大きいということはそれだけ発電能力が高いということですので、余剰電力の売電量も大きくなります。
入居者の電気料負担を軽減すれば、他の物件とは違う魅力を提供することも可能でしょうし、売電によって収益力を高めることも可能になるでしょう。
次に、素朴な疑問としては落雷の心配がないのかということなどもあるでしょう。
屋根の高いところに設置しているのですから、落雷にあう危険性は高いように感じますよね。
太陽光発電のメーカーによれば、太陽光発電パネルに直接落雷があったという事例は稀とのことですが、もちろんその可能性がゼロというわけではありません。
しかし、仮に落雷があったとしても、パワーコンディショナーなどの心臓部については来くらいによる損傷を回避できるシステムとなっているため、大きな被害になることはないようです。
次に自然災害に対しての強度についてですが、耐震性や風、台風などに対する設計は非常に強いものとなっています。
電気を一番使う夜に発電できないのなら意味がないのではないかと考える方も多いようですが、昼間は自家用電力を全て太陽光発電でまかない、更には余剰電力を電力会社に売ることが可能です。
また、夜間は電気料金を安く契約することができますので、トータルとして考えれば年間8割程度の電気代を節約可能と言われています。

お薦めサイト

Copyright (C)2017 どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて All Rights Reserved.