どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて

サイト内検索

太陽光発電音メリットあれこれ

水力や風力、地熱などといった様々な再生可能エネルギーが注目されていますが、私たちにとって最も身近な再生可能エネルギーは太陽光発電と言えるでしょう。
さて、太陽光発電を導入するメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
まずはやはり日々の電気代が大幅に削減できるという点ではないでしょうか。
日当たりの良い日であれば、家庭で使用する電力の全てを太陽光発電でまかなうことが可能です。
つまり、電気代がゼロ円になるということです。
また、家庭で使用する電力以上の発電が可能ですので、余剰電力については電力会社に買い取ってもらうことができるのです。
自分の家で使う分はタダになり、更に余った電気を売ることができるのですからトータルとしては「儲け」が出るということですので、嬉しいことですよね。
もちろん、曇りや雨の日などは太陽光も弱くなってしまいますので当然発電量は落ちてしまいます。
それでも全くゼロになるわけではありませんので、電気代を節約することは可能でしょう。
ある試算によると、太陽光発電を導入することによって、年間の電気料金を約8割程度削減することが可能とされています。
月2万円の電気代がかかっていた家庭であれば、8割削減で月4千円ということになりますので、年間にすると24万円の電気代がたった4万8千円になるということです。
削減額で言うと約19万円ですので非常に大きな金額ですよね。
これが10年続けば190万円の削減効果ということになりますので、例え設置費用が多少かかったとしても考えてみる価値はあるでしょう。
太陽光発電を導入して、電気代の節約効果をよりアップさせる上ではオール電化にすることがおすすめです。
ガスや灯油を使わずに全て電気でまかなうことによって、より効果的に太陽光発電のメリットを高めることができるのです。
太陽光発電は文字通り太陽の光を源として発電をするシステムですので、太陽のない夜間については発電することができません。
電気を使用するピークはやはり夜間なのだから、あまり意味がないのではと考えてしまう方も多いかもしれませんね。
しかし、電力会社には様々な契約形態があり、夜間に関しては非常に電気料金が安くなるというプランが用意されています。
昼間仕事をしている家庭であれば夜間の方が、電力使用量が多くなるのは当然です。
しかし社会全体で見た場合にはやはり昼間の方が電力需要は高くなります。
夏であれば午後2時前後くらいが電力使用のピークとなるようです。
これは、会社や工場などが大量の電気を使用するからであり、夜間については社会全体の電力使用量は低下するのです。
そこで、使用量の少ない夜間に関しては電気料金を引き下げているので、そういった契約をすることによって、太陽光発電のメリットをより大きくすることも可能なのです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017 どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて All Rights Reserved.