どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて

サイト内検索

身近になった太陽光発電

クリーンエネルギーが注目される中、一般家庭でも利用可能なものとして太陽光発電が非常に注目されています。
風力発電や水力発電などは、それなりに大きな設備が必要ですし、立地条件も制約されるでしょう。
しかし、太陽が当たらないという場所はありませんので、どのような家庭であっても太陽光発電を設置することは可能と言えます。
太陽光発電は発電パネルを屋根の上などに設置し、そこでできた電力を専用の機器によって家の中に取り込むというのが簡単な仕組みです。
太陽光発電は地球温暖化の原因とされる二酸化炭素を排出することもありませんし、騒音や悪臭を発生させることもありません。
また、放射性廃棄物などの危険物を排出することもありませんので、非常にクリーンなエネルギーと言えます。
最近は国の補助制度も拡充されてきましたし、余剰電力を電力会社に買い取ってもらう価格についても引き上げられました。
まだまだ設置にはある程度の費用が必要となりますが、太陽光発電を取り扱うメーカーや業者の数も急激に増えてきていますし、ソーラーパネルや各機器なども普及が進むことによってさらに安価になっていくことが期待できます。
太陽光発電の大きなメリットは、上記のようなクリーンであるという点と共に、自分の家の電力を自分でまかなうことができるという点でしょう。
発電量が多い日であれば、余剰電力を電力会社に買い取ってもらうことにより収入を得ることも可能になります。
但し、太陽光発電は文字通り太陽の光がなければ発電することができないシステムです。
天気の悪い日については当然発電量も低下してしまいますので、足りない電力についてはこれまで通り電力会社から購入するということになってしまいます。
また、雪国などの場合には屋根に太陽光発電パネルを設置しても、雪で覆われてしまうという場合も多いでしょう。
日照時間が多い地域であっても、雪は大きな障害となってしまいます。
ある程度傾斜がある設置となるので多少雪が積もっても、すぐに滑り落ちるでしょうが、豪雪地域の場合には太陽光発電パネル全体が雪に埋もれてしまうということも考えられます。
太陽光発電というと、大手企業が手掛けるメガソーラーなどをイメージしてしまう方も多いかもしれませんが、上記のように補助金や買取制度の拡充などによって家庭用の太陽光発電装置も非常に発展、普及してきています。
東日本大震災以降、クリーンエネルギーが注目されるようになり、中でも太陽光発電は最も私たちにとって身近な再生可能エネルギーと言えるでしょう。

Copyright (C)2017 どんどん利用使用太陽光!ソーラー発電の仕組みについて All Rights Reserved.